DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:ニュース
ここのところ世間を騒がしているニュースといえば、やっぱり赤塚不二夫さんの訃報だろう。
前にmixiの日記でもちょっと書いたけれど、マンガを読みながら育ってきた世代としては、
偉大な漫画家の死に受ける衝撃はあまりにも大きすぎる。

先日行われた葬儀で、タモリが弔辞としてささげたこの言葉がすばらしかったので転載します。

タモリの弔辞
 「8月の2日に、あなたの訃報に接しました。6年間の長きにわたる闘病生活の中で、ほんのわずかではありますが、回復に向かっていたのに、本当に残念です。われわれの世代は、赤塚先生の作品に影響された第一世代といっていいでしょう。あなたの今までになかった作品や、その特異なキャラクターは、私達世代に強烈に受け入れられました。
 10代の終わりから、われわれの青春は赤塚不二夫一色でした。何年か過ぎ、私がお笑いの世界を目指して九州から上京して、歌舞伎町の裏の小さなバーでライブみたいなことをやっていたときに、あなたは突然私の眼前に現れました。その時のことは、今でもはっきり覚えています。赤塚不二夫がきた。あれが赤塚不二夫だ。私をみている。この突然の出来事で、重大なことに、私はあがることすらできませんでした。
 終わって私のとこにやってきたあなたは『君は面白い。お笑いの世界に入れ。8月の終わりに僕の番組があるからそれに出ろ。それまでは住む所がないなら、私のマンションにいろ』と、こういいました。自分の人生にも、他人の人生にも、影響を及ぼすような大きな決断を、この人はこの場でしたのです。それにも度肝を抜かれました。それから長い付き合いが始まりました。
 しばらくは毎日新宿のひとみ寿司というところで夕方に集まっては、深夜までどんちゃん騒ぎをし、いろんなネタをつくりながら、あなたに教えを受けました。いろんなことを語ってくれました。お笑いのこと、映画のこと、絵画のこと。ほかのこともいろいろとあなたに学びました。あなたが私に言ってくれたことは、未だに私に金言として心の中に残っています。そして、仕事に生かしております。
 赤塚先生は本当に優しい方です。シャイな方です。マージャンをするときも、相手の振り込みで上がると相手が機嫌を悪くするのを恐れて、ツモでしか上がりませんでした。あなたがマージャンで勝ったところをみたことがありません。その裏には強烈な反骨精神もありました。あなたはすべての人を快く受け入れました。そのためにだまされたことも数々あります。金銭的にも大きな打撃を受けたこともあります。しかしあなたから、後悔の言葉や、相手を恨む言葉を聞いたことがありません。
 あなたは私の父のようであり、兄のようであり、そして時折みせるあの底抜けに無邪気な笑顔ははるか年下の弟のようでもありました。あなたは生活すべてがギャグでした。たこちゃん(たこ八郎さん)の葬儀のときに、大きく笑いながらも目からぼろぼろと涙がこぼれ落ち、出棺のときたこちゃんの額をピシャリと叩いては『このやろう逝きやがった』とまた高笑いしながら、大きな涙を流してました。あなたはギャグによって物事を動かしていったのです。
 あなたの考えは、すべての出来事、存在をあるがままに、前向きに肯定し、受け入れることです。それによって人間は重苦しい陰の世界から解放され、軽やかになり、また時間は前後関係を断ち放たれて、その時その場が異様に明るく感じられます。この考えをあなたは見事に一言で言い表しています。すなわち『これでいいのだ』と。
 いま、2人で過ごしたいろんな出来事が、場面が思い出されています。軽井沢で過ごした何度かの正月、伊豆での正月、そして海外でのあの珍道中。どれもが本当にこんな楽しいことがあっていいのかと思うばかりのすばらしい時間でした。最後になったのが京都五山の送り火です。あのときのあなたの柔和な笑顔は、お互いの労をねぎらっているようで、一生忘れることができません。
 あなたは今この会場のどこか片隅に、ちょっと高いところから、あぐらをかいて、肘をつき、ニコニコと眺めていることでしょう。そして私に『お前もお笑いやってるなら、弔辞で笑わせてみろ』と言っているに違いありません。あなたにとって、死も一つのギャグなのかもしれません。私は人生で初めて読む弔辞があなたへのものとは夢想だにしませんでした。
 私はあなたに生前お世話になりながら、一言もお礼を言ったことがありません。それは肉親以上の関係であるあなたとの間に、お礼を言うときに漂う他人行儀な雰囲気がたまらなかったのです。あなたも同じ考えだということを、他人を通じて知りました。しかし、今お礼を言わさせていただきます。赤塚先生、本当にお世話になりました。ありがとうございました。私もあなたの数多くの作品の一つです。合掌。平成20年8月7日、森田一義」



まさにグッとくる。偉大な人物がいなくなったということを再認識させられる。
これほどまでの名文章はなかなか聞けないと思う。
一説によると、タモリが手にしていた弔辞用の原稿は白紙だったとか。
即興でこれほどの感動を生み出せるなんて、さすがは赤塚不二夫の名傑作。
しかも「笑っていいとも」のレギュラー出演は欠かさないというプロ意識。
こうなると逆にタモリさんがこの世から旅立つときを夢想して悲しくなりますね。

ただ、ちょっと気になるのは、世間の反応の大きさ。
赤塚不二夫さんの死に反応するのは当然なんだけど、数年前亡くなった
横山光輝さんの訃報にはこれほどの反応がなかったのを思い出すとちょっとかなしい。。。
俺的影響度としては、手塚治虫以上の漫画家だったんだけどなぁ。。。
やっぱり赤塚さんはマンガ以外の部分でも目立っていたからなのかな。
スポンサーサイト
DATE: CATEGORY:ニュース
ネット流行語大賞2007を選ぼう!
ということで、「2ちゃんねる検索」というとこが企画してたのですが、ついに最終候補がノミネートされたそうです。

こんな感じだそうです。



どれだけわかりますか?ちょっと簡単に解説しながらチャレンジしてみます。
検索して確認とかなしで挑むので間違いもあるかも。
あと、1行以内で無理やり解説することを条件にしてみるので、ちょっと意味合いがずれることもあるかもしれません。

・オプーナ
光栄がWiiで出したゲームソフト。発売前の自信まんまんな態度と、結果の空振りっぷりで話題に。
・オザワる
もう辞める。やっぱ辞めない。と自作自演で人の気を引くこと。いわゆる「かまってちゃん」
・でっていう
マリオワールドでのヨッシーの掛け声。「で?」っていうときに使う
・常考
常識的に考えて。
・CLANNADは人生
アダルトゲーム?の素晴らしさを語った一言。類似に「Fateは文学」など。
・購入厨
買って保存するの大好きな人。SchoolDays最終話上映会チケットの入手条件から流行った言葉?
・自重
調子に乗りすぎてる人をいましめる。元ネタは三国無双??
・リア充
リアルが充実してる人のこと。飲み会とかデートとか普通にやれてる人たち。
・KY
「空気読め」と見せかけて実は朝日新聞の捏造事件。
・Nice Boat.
議論の流れを一変させる言葉?SchoolDays放送中止騒動を受けた海外掲示板から生まれた。
・スイーツ(笑)
流行に流されやすい若い女性を皮肉った言葉。
・ニコニコ動画
コメント機能つき動画サービス
・ニコ厨
上記サービスの中毒者。ええ、僕もそうです。
・滝川ルネッサンス
滝川高校?かどっかの校長が何かの事件を受けて今後の改革を誓う標語に使用した言葉
・どんだけ~
IKKOではなく、元はリンカーン内で歌舞伎町のゲイバーの人たちが使ってた言葉
・アベする
何もかも捨ててドロップアウトしちゃうよ。みたいな意味?
・なんぞこれ
ネット配信で人気の「永井先生」がゲーム中に使う言葉。他に「ROM欠損か?」とかも。
・ゆとり
ゆとり教育を受けてきた世代。転じて低教養の人の総称、というか煽り文句。
・やらないか
インパクトが強すぎるゲイ漫画「くそみそテクニック」のセリフ。
・そんなの関係ねぇ
芸人「小島よしお」のネタ
・自宅警備員
ニート、ヒッキーの職業を皮肉、揶揄、自嘲めかした言い方。
・初音ミク
クリプトン社のDTMソフト。業界では異例のヒット。イメージ検索八部、アッコにお任せ問題などでも話題に。
・アサヒる
捏造する。
・はたけフリーズ
これだけぜんぜんわかんなかった。調べたらマックの新OS「Leopard」で「はたけ」という言葉のせいでフリーズすることがあったらしい。そういやなんか話題になってたかな?
・アッー!
某野球選手がかつて出ていたゲイビデオの特徴としてよく使われる言葉。

たぶん、だいたい意味は外してないんじゃないでしょうか。
KYとか元ネタは知らない人の方が多いような気がします。
昔から流行ってた言葉もあるような気もしますね。ニコニコ動画などがきっかけで流行が広がったのかもしれません。
「…riht。その通り、よく気がついたね」も良く見たのですが入ってないんですね。

大賞候補を予想してみましょう。
んー、今年をあらわすのは「ニコニコ動画」か「初音ミク」なのかもしれないですね。
でも、ネットで、流行語、という意味合いなら「NiceBoat.」が大賞のような気がします。
なんとなく生まれた経緯が面白かったし、実際に使っている人もよく見たような。

来年はどんな言葉が流行るのでしょうか。楽しみですね。
それにしてもこのエントリー、わからない人が正常ですよね。
ちゃんと理解できてる人は、軸がブレているタイプです。。。

続きを読む »

DATE: CATEGORY:ニュース
ついに来ました。こんな時代が。

防衛省技術研究本部、陸上装備として「ガンダム」の実現を模索
http://www.gamenews.ne.jp/archives/2007/10/post_2793.html

リンクのニュースの通り「平成19年度研究発表会~防衛技術シンポジウム2007~」にて、「ガンダムの実現に向けて(先進個人装備システム)」という表記があったらしいです!




実際のところ、さすがにホントのガンダムみたいなごっついのがいきなり作られはしないでしょうけど、防衛省の発表資料内にガンダムという言葉があるだけでなんとなく胸が躍りますね。
またガンダムという言葉が持つインパクトってすごいものだなーと改めて思います。
防衛省さんも「ガンダムって書いときゃ、みんな食いついてくれんだろ」的な打算もあっての発表だと邪推してるんですが、その考え、正解です。

また記事によると、ガンダム以外にもファンネル的なものも計画しているらしい。
あくまで「的なもの」みたいですが。

これはもしかして生まれる時代が早すぎたか??
数十年後にはガンダムとまではいかないにしてもパトレイバーくらいはホントにできてるんでしょうかね。

ソースは「hiniclip」
http://clip.hiniku.com/?eid=471683



DATE: CATEGORY:ニュース
イギリスで11月2日から発売されはじめるそうです。

第3世代携帯電話「3 Skypephone」
http://www.skype.com/intl/ja/products/3skypephone/




値段は日本円にして1万2千円ほど。
もちろんその他の携帯電話についている機能もほぼ網羅している模様。
日本では発売予定はないのですけど、これが普及したらすでにある携帯料金システムとかはどうなっちゃうんでしょうか??基本料金が高くなったりとかするかも。。。
でも魅力的ですね。
話題のiphoneよりもこっちのがほしいです。

ソースはGIGAZINEより
DATE: CATEGORY:ニュース
電車男の大ヒットは記憶に新しいところですが、同様に2ちゃんねる発の恋愛ストーリーがあったことはご存知ですか??

「痴漢男」といいます。
一応、これも書籍、映画化されたのでけっこう有名ですが、いかんせん電車男ほどの知名度はありませんよね。
あらすじは、痴漢に勘違いされた男の子と勘違いした女の子、そしてその女の子のグループが繰り広げるラブストーリーです。

下のサイトでマンガ化されています。
このマンガがかなりの出来です!
ストーリーにも惹きつけられるし、キャラにも魅力があります。
パロディも面白いので、ジョジョやシグルイ、バキなんかが好きな人はさらに面白く読めるのではないでしょうか?

「第四十工房落書き置き場」
http://passionate1842.web.infoseek.co.jp/

以下は名シーンを抜粋してます。
気になったらぜひ読んでみてくださいね。





copyright © SniABlog all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。