DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:コラム

多角的に「ストレス」を科学する
“イライラ”を生む“ノロノロ”のしくみ
渋滞学はストレス軽減への近道--西成活裕氏(前編)

http://business.nikkeibp.co.jp/article/life/20081021/174617/
多角的にストレスを科学するっていう名前にひかれて読んでみた。
渋滞ってなんでできるんだ?っていう疑問は、同乗者としてしか車を利用しない小学校時代から、誰もが持って当然の疑問だと思う。
このコラムを読むまで、単に事故によるものがその要因の大半なんだろうと考えもせずに思っていたが、どうやら別の原因もあるらしい。
ちょっとした坂道があるせいで渋滞になるとは。
スピード自体を遅くしても車間距離さえ適切なら渋滞にならないとは。
驚きの事実が多い記事だった。

急いでいると、焦って距離を詰めたくなります。でも、実はそれで抜け駆けはできず、結局は焦って詰めた人も含めた全員が損をするのです。とにかく「前に行かないといけない」と慌てれば損をする。「急がば回れ」という諺は正しいんですよ。


んー、囚人のジレンマ的な感じだ。
みんなが抜け駆けしないって精神を共有できれば、共同体が得られる利益は極大化するんだなぁ。面白いもんです。
とはいっても「1秒ルール」を意識して歩いている人とかホントにいたら若干きもいよね。。。

でも、車間距離が縮まり過ぎないようにってみんなでゆっくり進んでたら渋滞じゃなくても遅いんだから、意味ないしね。1番遅い車に合わせたら渋滞とイコールだよ。
結局、車間距離が~~ってのが渋滞の原因だってんならやっぱり車の数が多すぎるってことか?
少なけりゃたぶん大丈夫なんだよね。
後編に期待しよう。
スポンサーサイト
Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする


-


管理人の承認後に表示されます



copyright © SniABlog all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。