DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:ノウハウ
「やる気を出させる7つの方法」というのがありました。
下記の通りです。

---
1.少し運動をする
運動は血液の循環を刺激し、ハッピーホルモンとして知られているエンドルフィンを最も早く出せる方法の一つだそうです。

2.うたた寝をする
10~15分のうたた寝で驚くほどリフレッシュできるそうです。それだけではなく、うたた寝をしているときに、潜在意識から新しいアイディア、解決方法が出てくることもあるようです。

3.元気が出る音楽を聴く
音楽は、究極のムードチェンジャーらしく、ギリシャの哲学者プラトンによると「音楽とリズムは魂の秘密の場所へ行く方法を見つけてくれる」だそうです。

4.軽食やお茶・コーヒーなどをとる
実際にコーヒーやお茶を飲む必要はなく、仕事場から離れることで新しい見通しを得ることができ、仕事場に戻った時には、やる気が出るようです。

5.ポジティブなことに焦点を当てる
人は仕事がうまくいかない時、または調子が良くない時にネガティブになり、状況を悪くしてしまう傾向があるようです。そういう時には、正しくいっていること、これまでに達成したこと、これまでにどれくらいやってきたかなどのポジティブなことに焦点を当てることが良いそうです。

6.誰かと話す
友達や同僚に感情を表すことは、健康維持に役立ち、リフレッシュできる方法の一つだそうです。友達や同僚が共感してくれると、重荷から解放される、または自分の状態を理解してくれているというような気持ちになるそうで、他人が気にしてくれたり、同じ気持ちを持ってくれていることは、気分を上昇させたり、モチベーションを高めてくれたりするようです。

7.完全に頭を切り替える
気分が落ち込んでいるときは一つのことにかなりの時間を使ってしまうことがあります。そういうときは、ちょっと違うタイプの休憩が必要かもしれません。最も良い方法は、仕事場から離れてのウォーキングなどに時間を費やすことだそうです。例えば、休憩を取って買い物に行く、友達のところに行く、クローゼットの整理整頓などを試してみるのもいいかもしれません。
--

ソースはGIGAZINEです
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20071010_boost_mode/

しかし、これどうでしょうねぇ???
学生時代、試験勉強時に「気分転換」と称してサボっていた内容に全て当てはまるような気がしますが。。。

1.少し運動をする
→性的な意味になりかねない。しかも眠くなる。

2.うたた寝をする
→うたた寝じゃすまない。たいがいは朝になってたりする。
 職場だったら怒られる。「やる気出すために寝てただけだよ!」もっと怒られる。

3.元気が出る音楽を聴く
→これはちょっとだけやってて効果あったような。。。学生時代の話。

4.軽食やお茶・コーヒーなどをとる
→絶対、読みながらマンガやネット、ゲームを始める。
 軽食終わっても始めたゲームにゃ終わりがない。

5.ポジティブなことに焦点を当てる
→別名「現実逃避」

6.誰かと話す
→これも効果的だったかもしれない。
 ただ相手によっては「もうサボろうぜ」といった具合になる。

7.完全に頭を切り替える
→完全に頭が切り替わってしまう。

まぁ参考程度っていうことですね。



スポンサーサイト
Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする



copyright © SniABlog all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。